ExcelVBAで直線を描く

直線を描く

直線は、始点と終点をする必要があるため、指定する座標の数が増えます。
それでは直線を描いてみましょう。

ここでは、直線の始点の座標を(60,70)、終点の座標を(100,200)としました。
Excel を以下のようにしてください。

 

 

以下のプログラムを追加してみてください。

 

Print #1, "line " & Range("b8") & "," & Range("c8") & " " & Range("b9") & "," & Range("c9")

 

あれ?

 

直線は連続して、次の座標、次の座標、と座標を指定していくため、始点終点の指定が終わったら、次の座標の指定を中断させなくてはなりません。
命令文の最後に、& “ ” を入れて、次の座標指定を止めましょう。

 

Print #1, "line " & Range("b8") & "," & Range("c8") & " " & Range("b9") & "," & Range("c9") & " "