Excel で AutoCAD を作図する

Excel で AutoCAD を作図する (1)

Excel を使って(20,30)の座標に、半径 10mm の円を描いてみましょう。
Excel を起動させ、セルに circle□20,30□10□(□ は半角スペース)と入力してコピーします。

circle 20,30 10 

 

 

 

AutoCAD を起動させ、AutoCAD のコマンドラインに貼り付けます。
Excel から円が描けましたね。

 AutoCAD の、ここに貼り付ける

 

Excel で AutoCAD を作図する (2)

それでは、Excel のC列をX座標、D列をY座標とし、E列を半径としましょう。
C2を20、D2を30、E2を10とします。

つぎにA1セルに以下の数式を入れます。

=”circle□”&C2&”,”&D2&”□”&E2&”□”
□ は半角スペース

="circle "&c2&","&d2&" "&e2&" "

 

これをコピーしても円が描けます。

 

 

この方法なら、Excel で座標計算をして、計算結果を AutoCAD に反映させることが可能ですね。
ただこの方法だと、どうしても入力に限界があります。
すべての作業を自動可させるには、ExcelVBA が必要になってくるのです。

 

>> ExcelVBA の使い方