ExcelデータをAutoCADへ送る

AutoCAD のフォルダ作成

まず、AutoCAD を保存するためのフォルダを作成します。
Cドライブの後にフォルダを作成してください。
ここでは、フォルダ名を「AutoCAD_Zumen」としました。

 

 

AutoCAD を新規に開き、さきほど作成した「AutoCAD_Zumen」のフォルダ内に、AutoCAD のファイル名を 「test」として名前を付けて保存します。

 

 

これで、AutoCAD の準備は終わりです。

 

ExcelデータをAutoCADへ送る

先ほど作ったマクロを開き、マクロを編集します。

 

「マクロ」をクリック

 

マクロ名を選び 「編集」

 

命令文を削除します。

 

この部分を delete キーで削除する

 

そして、delete キーで削除したところに、以下の命令文を入れてください。
(注1)¥マークも含めて、すべて半角です。
(注2)命令文の下から2行目の AppActivate “○○○”のところは、使用する AutoCAD によって使い分けてください。


Zumen = "C:\AutoCAD_Zumen\test.scr"
Open Zumen For Output As #1
Print #1, "osnap non"
'**********************************

'**********************************
Print #1, "zoom e"
Print #1, "filedia 1"
Close #1
AppActivate "AutoCAD" ←AutoCAD_2013まではこちら
AppActivate "Autodesk AutoCAD" ←AutoCAD_2014以降はこちら
SendKeys "filedia 0" & Chr(13) & "script" & Chr(13) & Zumen & Chr(13), True

 

AutoCAD のバージョンが2014以降は、このようになる

 

>> ExcelVBAで円を描く