ExcelVBAの使い方

ExcelVBAの使い方 (1)

ExcelVBAを初めて使うという人でも使えるように、ここからはExcelVBAの使い方を説明します。すでにExcelVBAの使い方を知っている人は、AutoCADのフォルダ作成までとばしてください。

では、ExcelVBAとはどのようなものか、実際にExcelVBAを使ってみましょう。
Excelを開き、A2セルからA6セルに適当な数字を入れます。

 

 

「開発タブ」の「マクロの記録」 をクリックします。
「マクロの記録」 をクリックすると、このあと「記録終了」 をクリックするまでの動作がすべて記録させることになります。

 

 

マクロ名を入力 ここでは「マクロテスト」とした

 

A2:A6をコピーして、C2:C6に貼り付けます。
ESC でコピーを終了させ、「記録終了」 をクリックします。

 

 

それでは、ちゃんとマクロに記録されたか確認をしてみましょう。

 

ExcelVBAの使い方 (2)

C2:C6の数字を削除して、マクロボタンです。

 

 

マクロテストを選び「実行」

 

コピーされましたか?
A列の数字を変えれば、変えた数字がC列にコピーされるので、試してみてください。

コピーされることが確認できたら、これまでやったことを、名前をつけて保存しておきましょう。
保存する場所は、どこでもかまいません。

ファイルの種類をExcelマクロ有効ブックにして保存してください。

 

 

>> Excel データをAutoCADへ送る