エクセルで
AutoCADを自動作図させる方法

AutoCADというと、土木や建築の設計に使うものだと思っていませんか?
もちろん、設計にも使えます。
しかし、AutoCAD は設計のためだけのソフトではないのです。
AutoCAD と ExcelVBA を使えば、複雑なグラフの作成も自由自在。
さあ、AutoCAD を使って、あなたの思いどおりのグラフを作ってみましょう。

連続した点を作成する (2)

さて、すべての点を Excel から参照させると以下のようになります。が、これも現実的な方法ではありません。

ExcelVBAを使いAutoCADを自動作図させる方法

このような時には、ExcelVBA の「繰り返し処理(ループ関数)」を使うのです。 繰り返し処理(ループ関数)は、「ある条件を満たしていれば、同じ動作を繰り返す」という働きをする関数です。

次ページで、繰り返し処理を行うための準備をします。
R1C1参照形式に変更する

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご質問・お問い合わせはお気軽に メール