エクセルで
AutoCADを自動作図させる方法

AutoCADというと、土木や建築の設計に使うものだと思っていませんか?
もちろん、設計にも使えます。
しかし、AutoCAD は設計のためだけのソフトではないのです。
AutoCAD と ExcelVBA を使えば、複雑なグラフの作成も自由自在。
さあ、AutoCAD を使って、あなたの思いどおりのグラフを作ってみましょう。

AutoCADで点を作成する

さきほどの命令文をもういちど見てみましょう。

ExcelVBAを使いAutoCADを自動作図させる方法

Print #1, "point 10,20" の "point 10,20" の部分。
これが、AutoCAD 座標(10,20)に点を作成するための命令文なのです。

AutoCAD で点を作成してみましょう。
通常は AutoCAD コマンドボタンから 作成-点 として点を作成をしますが、左下のコマンドウィンドウに直接コマンドを入力する方法で点を作成してください。

ExcelVBAを使いAutoCADを自動作図させる方法

このときキーボードで
point 【enter】
10,20 【enter】
と入力した、それが Print #1, "point 10,20" の "point 10,20" になるのです。(【enter】は半角スペースとなります)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご質問・お問い合わせはお気軽に メール