エクセルで
AutoCADを自動作図させる方法

AutoCADというと、土木や建築の設計に使うものだと思っていませんか?
もちろん、設計にも使えます。
しかし、AutoCAD は設計のためだけのソフトではないのです。
AutoCAD と ExcelVBA を使えば、複雑なグラフの作成も自由自在。
さあ、AutoCAD を使って、あなたの思いどおりのグラフを作ってみましょう。

ExcelVBA の使い方 (2)

それでは、ちゃんとマクロに記録されたか確認をしてみましょう。
C2:C6 の数字を削除して、マクロボタンです。

ExcelVBAを使いAutoCADを自動作図させる方法

ExcelVBAを使いAutoCADを自動作図させる方法
マクロテストを選び「実行」

コピーされましたか?
A列 の数字を変えれば、変えた数字が C列 にコピーされるはずです

次は、ExcelVBA を使い AutoCAD を操作する準備をします。
AutoCAD のフォルダ作成

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご質問・お問い合わせはお気軽に メール

広告