エクセルで
AutoCADを自動作図させる方法

AutoCADというと、土木や建築の設計に使うものだと思っていませんか?
もちろん、設計にも使えます。
しかし、AutoCAD は設計のためだけのソフトではないのです。
AutoCAD と ExcelVBA を使えば、複雑なグラフの作成も自由自在。
さあ、AutoCAD を使って、あなたの思いどおりのグラフを作ってみましょう。

ExcelVBA の設定

ExcelVBA を初めて使うという人でも使えるように、ここでは ExcelVBA の使い方を説明します。すでに ExcelVBA の使い方をご存知の方は、AutoCAD のフォルダ作成 までとばしてください。

まずは、VBA を使うための準備をします。

ExcelVBAを使いAutoCADを自動作図させる方法
左上の Office ボタンをクリック

ExcelVBAを使いAutoCADを自動作図させる方法
下にある「Excel のオプション」をクリック

ExcelVBAを使いAutoCADを自動作図させる方法
【「開発」タブをリボンに表示する】 にチェックを入れる

ExcelVBAを使いAutoCADを自動作図させる方法
「開発」タブをクリックすると、左にマクロボタンが表示される

次は実際に、ExcelVBA を動かしてみます。
ExcelVBA の使い方 (1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご質問・お問い合わせはお気軽に メール