エクセルで
AutoCADを自動作図させる方法

AutoCADというと、土木や建築の設計に使うものだと思っていませんか?
もちろん、設計にも使えます。
しかし、AutoCAD は設計のためだけのソフトではないのです。
AutoCAD と ExcelVBA を使えば、複雑なグラフの作成も自由自在。
さあ、AutoCAD を使って、あなたの思いどおりのグラフを作ってみましょう。

エクセルで AutoCAD を自動作図させる方法

Excel (エクセル) で AutoCAD (オートキャド) が描ける?
描けるんです。

AutoCAD 画面での操作はほとんどありません。
必要なのは、簡単な ExcelVBA の知識。
ExcelVBA の知識があれば、だれでも正確な図面を楽々とスピーディーに描くことができるのです。

 ・Excel で座標計算・座標管理
 ・ExcelVBA で AutoCAD 作図

作業はすべて Excel で処理します。
Excel で座標管理を行っているので、複雑な図形の作成もお手のものなのです。

AutoCAD でグラフをつくる

AutoCAD というと、土木や建築の設計に使うものだと思っていませんか?
もちろん、設計にも使えます。
しかし、AutoCAD は設計のためだけのソフトではありません。

本来は Excel が得意としているはずのグラフ。
「ここを、もう少しこうしたい」
「このグラフとこのグラフをうまく合わせて、比較がしたい」

このような経験をしたことがあるでしょう。
意外と Excel のグラフ機能も、使いにくいことが多いのです。

そのような時は、AutoCAD にお任せください。
AutoCAD のコマンドを使うだけで、Excel では作れなかったグラフが簡単に作れてしまうのです。


このようなグラフを Excel で作れるだろうか? (クリックで拡大画面が開く)


土木の定番 縦断図もこのとおり、簡単に描ける (クリックで拡大画面が開く)

どのようにして描かれているのか、動画を見てみましょう。
サンプル動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご質問・お問い合わせはお気軽に メール